埼玉にあるサイボクハムは家族で1日楽しめます

充分お腹をすかせていきましょう

埼玉の日高市というところにあります。東京からでも割とすんなりアクセスできますよ。「食と健康」をテーマにした一風変わった所です。もちろんお目当てはバラエティー豊かなハムやソーゼージ。無添加にこだわった優しい味わいで、小さな子供がいるわが家にはピッタリの場所でした。食事を最低限にとどめて、いざ焼肉大ホールに突撃!豚焼肉セットと厚切りベーコン、ポークウインナーと焼き野菜を頼みました。とても賑やかで解放感があり、食材も新鮮で抜群に美味しかったので感激!あの食事嫌いの子供がむしゃむしゃ食べたのが、何より嬉しかったです。

子どもと遊べる施設が充実

こぶたちゃんが見学できる「トントンハウス」は、こぶたさんが食事をしたりお昼寝をする様子が見学できます。普段じっくりとブタさんを見る機会がないので、子供たちも結構喜んでいました。またその隣には、子供専用のミニアスレチックもあります。たっぷり食事した後は、腹ごなしにちょうどいいですよね。そこそこ本格的な造りなので、大人でも結構大変だと思います(大人は遊べませんが)。また施設外れには緑と芝生が広がっており、レジャーシートを敷いてピクニックをしているご家族の姿も。今度来た時にはお弁当も持ってきて、ソーゼージ片手にのんびりとくつろぎたいですね。

ここで芦原に精通しているタビマスターズを探して旅に出よう。

温泉好きの温泉旅行の楽しみ方

温泉の泉質にこだわる

日本は温泉が全国至るところにあります。海にも山にもそれぞれ泉質や湯量もまったく異なった素晴らしい温泉があるので、温泉めぐりをしていても飽きることはありません。温泉はリラックス効果もあり、泉質によって体の様々な不調の改善に役にたちます。有名なラジウム温泉ではある女性と話をすることがあったのですが、乳がんがその温泉に数年通い続けた結果消えてしまったという信じられないような話も聞きました。温泉パワーを少しでももらえるために、温泉宿を予約するときは必ず源泉掛け流し、加水、加温がない施設を選ぶようにしています。

自然の中の温泉も魅力

温泉宿で美味しいものを食べて、良い温泉に入ってゆっくりするのも贅沢なのですが、さらにハイキングや散歩もかねて温泉を満喫するなら自然の中にある温泉に行くのも楽しいです。山の中にひっそりとある温泉で地元の人達が大切に管理して守り続けている秘湯や、湖のすぐ横にあって湖を目の前に見ながら入れる温泉、海岸の砂浜に湧き出る温泉、さらに変わったところでは滝や川全体が温泉という秘湯もあります。そのような野外の温泉を楽しむときには、必ず持って行きたいものがあります。タオルと水着です。水着着用OKのところが案外多いので女性も安心です。

秋になったら河口湖に行くならタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

福岡満喫一泊二日の旅は最高

まずは福岡で食い倒れ

福岡は空港から市街地までの距離がとても近いので、一泊二日でも充実の旅行ができました。まずは美味しいものの宝庫、福岡市で食べまくります。ランチには美味しい玄界灘のお魚を。海から街までが近いので福岡では傷みやすいサバを刺身で食べることができ、甘い醤油と胡麻で味付けしたゴマサバは絶品でした。おやつ代わりに豚骨ラーメンをいただいて、腹ごなしに少し歩いて櫛田神社へ参ります。この神社では祇園山笠の山車が通年展示してあり、想像以上の迫力でした。夜は水炊きを予約しました。白濁したスープはコラーゲンたっぷりといった感じで、シメのおじやまで全て食べ尽くした後は中洲の屋台へ。夜はまだまだ終わりません。

大宰府から城下町柳川へ

次の日は西鉄電車でまず大宰府へ向かいます。天神から意外に近く40分程度で到着します。名物の梅が枝餅をいただいた後は、太宰府天満宮へ。鮮やかな色彩が目に眩しい素晴らしい神社でした。そしてそのまままた電車に乗って、城下町柳川へ。柳川にはお堀が張り巡らされていて、川下りが楽しめます。途中にはいくつもの橋がかかり、緑の柳が川面に映ってノスタルジックな経験でした。川下りと同様にお目当てだったのが、うなぎのせいろ蒸しです。焼いたうなぎとはまた違い、ふんわりと柔らかいうなぎが熱々のご飯とマッチして鰻重とはまた違うここでしか味わえない美味しさでした。

ここで明日香に行くならタビマスターズを探して旅行に行こう。

クルーズで旅行する際のマナーや魅力について

クルーズのドレスコードやマナーについて

クルーズで旅をする場合、日中はドレスコードがないため動きやすい姿で過ごすことができます。夕食から就寝まではドレスコードがあり、ジーンズやTシャツ以外のカジュアル、ジャケットなどのインフォーマル、タキシードやダークスーツなどのフォーマルがあります。また、喫煙は決められたスペースのみで可能で、レストランは禁煙の場合が多くなっています。ごみは海へ投げ捨てるのではなく所定の位置に捨てましょう。そして、特に深夜の時間帯に廊下で大きな声を出したり、騒ぐのはダメです。洗濯物をバルコニーに干したりするのも、マナー違反なのでやめましょう。

クルーズ旅行にはどんな魅力があるか

クルーズでの旅行にはいろいろな魅力があります。まず、担当者が同行することが多く、いろいろなサポートをしてくれることです。言語の不安がある方も安心して旅を楽しむことができます。また、船ではリゾートホテルのように楽しむことができ、いろいろなエンターテイメントがあります。食事なども無料のものが多いのも特徴です。手続きさえ行って乗船して船室に入れば身軽に活動でき、眠っている間に港まで着くのも大きな魅力です。ミュージカルなどのイベントも目白押しとなっています。このように、クルーズは移動手段なだけでなく、いろいろな楽しみ方があります。

春になったら積丹で話題のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

旅行で遊園地に行く時の注意点

目当てのアトラクションが動いているかチェック

旅行で遊園地に行く時には、自分が目当てにしているアトラクションがあるかどうか確認しておくことが大切です。遊園地と言うのは、アトラクションが撤去されることもありますから、昔行った時に気に入ったアトラクションが、今でもあるとは限りません。そして、あることが確認できたら、旅行当日にそれが動いているかどうかを確認しておくことも大切です。アトラクションと言うのは、メンテナンスがあるなど、色々な事情で動いていない可能性もあります。せっかくそれに乗ることを楽しみにして行って、遊園地に着いてから気付いたらショックでしょうから、きちんとチェックしておくことが大切です。

帰りの電車やバスの時間をチェック

旅行で遊園地に行った時にチェックしておくことは、アトラクションについてだけではありません。帰りの電車やバスの時間と言うのもチェックしておくと良いものです。遊園地によっては、最寄りの駅やバス停で電車やバスがやってくる本数が少ないこともあるでしょう。ですから、帰ろうと思ってバス停の前に行ってみたら、20分以上バスが来ないことが分かる、と言ったこともあり得るわけです。事前に調べておけば、直前まで園内で過ごすことができます。こうすれば、バス停の前で無駄に過ごす必要がなくなりますから、時間を有効に使えるものです。

こちらのサイトから浜中で話題のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

旅行先としての川崎市

川崎市は見所が意外とあります

まず、東扇島東公園というところがあります。広大なスペースになっている海の公園です。潮の香りと緑を楽しむことができるようになっているわけです。園内にはビーチスポーツがありますし、時期によっては、潮干狩りなどが楽しめます。かわさきの浜においては、水生生物が観察できる潮入りの池がありますから、それも楽しむことができます。また、多目的広場もあります。さらにはバーベキュー広場がありますから、そこで食事を楽しむこともできます。ちなみに愛犬家のためのドッグラン施設もあります。家族連れで楽しむことができるところです。

京浜工業地帯が一つの

川崎といえば、工業の街です。これは数多くの工場がある京浜工業地帯のことです。川崎市の南部、臨海地域にあります。そこの夜の景観が非常に素晴らしいことで有名です。工場夜景、というのが最近になって人気になっていますが、その発祥ともいうべきところです。

工場の灯りのみならず、プラントから吹き出す煙も非常に魅力的です。ちなみに公害で色々と問題があったところですから、今では基準が非常に厳しくなっており、今では噴出す煙はほぼ水蒸気で無害です。工場夜景ですが、ツアーがあります。バスツアーが定期運行していますから、それに申し込むとよいです。

夏になったら喜多方に詳しいタビマスターズを発見して旅を楽しもう。